日々のあんなん・こんなん

2017 / 08 / 02  16:30

ストロベリーアイ

保護猫のポテトは推定年齢3歳で去年ウチにやって来ました。

最初からストロベリーアイだということは了解の上でした。

ところがどんどんひどくなって、結局大学病院で精密検査を受け、

手術をしました。ストロベリーアイだと思っていたのは、実はたぶん

小さなときに事故か何かで左顔面を強打して、目頭の軟骨が折れて

いたのです。手術で軟骨を除いて術後はとても綺麗になっていました。

ところが、ここ数週間手術をした方の目からだけ涙が出っ放しなのです。

一体どうしちゃったんでしょう・・・涙腺は残したのでドライアイの心配は

ありませんと先生は仰っていたので安心していたのですが(-_-;)